[10] スポーツ(7名)

このテーマでのお申し込み

中小路 徹(なかこうじ・とおる) 編集委員(東京)

【講演テーマ】
子どもとスポーツ、暴力や事故なきスポーツ、部活動

近年は競技横断的なテーマで取材しています。子どもにとって将来性のあるスポーツ環境や部活動の在り方、スポーツにおける事故再発防止の情報などを共有したいと思います。

【プロフィール】
名古屋、大阪、東京のスポーツ部で主にサッカーを担当。2002年W杯日韓大会時はソウル支局におり、日韓のスポーツ交流も取材実績多数です。1991年入社、東京都出身。 【著書】「ジーコスタイル」「40歳からうまくなるサッカー」

西山 良太郎(にしやま・りょうたろう) 論説委員(東京)

【講演テーマ】
スポーツ全般、五輪、スポーツビジネス、ラグビー

長くスポーツ報道に携わってきました。スポーツを通じて、アスリートも観客も、そして支える人を含む全員がハッピーになれる環境と方法を一緒に考えていきたいと思います。

【プロフィール】
1984年入社。福岡、大阪、東京のスポーツ部などを経て、米国(アトランタ支局)に特派員として駐在。大リーグなどの米国スポーツを取材した。1996年のアトランタ五輪以降は夏冬のオリンピックを中心にカバー。

忠鉢 信一(ちゅうばち・しんいち) スポーツ部記者(東京)

【講演テーマ】
スポーツの価値とは

当たり前のようにある「スポーツ」を、改めて考え、発見するお手伝いをさせてください。

【プロフィール】
社会部、欧州総局、編集委員、スポーツ部次長などを経て現職。日本サッカー協会B級指導員(日本スポーツ協会上級指導員)の資格を取得。著書「進化する日本サッカー」(集英社新書)、「ケニア」(2008年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞、文芸春秋)

後藤 太輔(ごとう・たいすけ) オピニオン編集部(東京)

【講演テーマ】
スポーツの社会貢献、フィギュアスケート、サッカー

虐待や貧困などに苦しむ人が、他者とのつながりや生きる意欲を取り戻す。民族、障害の有無、性などの違いを脇に置いて互いを尊重する。スポーツの持つ力と課題を紹介します。

【プロフィール】
冬季五輪ではフィギュアスケートの浅田真央や羽生結弦が逆境を力に変える姿を、パラリンピックでは違いを楽しむ選手の姿を見た。人材育成や社会課題の解決に生かす海外のスポーツも取材。貧困が背景の虐待事件取材も経験。2002年入社。大分県出身。

潮 智史(うしお・さとし) 編集委員(東京)

【講演テーマ】
スポーツの可能性、おもしろさ、奥深さ

豊かさが量から質へと見直されるいま、スポーツは大きな力を秘めています。スポーツを使って社会や暮らしを変える。そんな発想が広がったら、うれしいです。

【プロフィール】
サッカーをプレーした学生時代、スポーツと社会の関わりに興味があり、スポーツ社会学を学びました。1987年入社以降、サッカーW杯、五輪をはじめ、各国での競技取材を通じて、スポーツの力を実感。する、見る、支えるなど、多様な楽しみ方を広げたいと思います。

近藤 幸夫(こんどう・ゆきお) 松本支局長、山岳専門記者(長野)

【講演テーマ】
登山、冒険、探検、山岳遭難、山岳環境

最近は山ガールなどに代表される登山ブームだが、山岳遭難は増加傾向にある。最近の登山事情を解説し、安全で楽しい登山や健康づくりについて説明したい。

【プロフィール】
初任地の富山支局で、北アルプスを中心に山岳取材をスタート。88年から運動部(現スポーツ部)に配属され、南極や北極、ヒマラヤで海外取材を多数経験。2012年から日本登山医学会の認定山岳医講習会の講師を務める。2016年5月から松本支局長兼山岳専門記者。1959年岐阜市生まれ。信州大学農学部卒。86年入社。

安藤 嘉浩(あんどう・よしひろ) 編集委員(東京)

【講演テーマ】
高校野球、プロ野球、野球文化、スポーツと教育

高校野球の魅力を文化・教育的な観点で分析します。尾藤公さんや渡辺元智さん、柔道の山下泰裕さん、ソフトボールの宇津木妙子さんらの指導からみた人材育成についても伝えます。

【プロフィール】
松坂世代の高校野球や長嶋巨人を取材したほか、松井秀喜選手の大リーグ挑戦に同行。アテネ五輪では日本の金メダル12個の取材に携わった。高校野球取材歴は25年に及び、名勝負連載「あの夏」のメインライター。1990年入社。岐阜市出身。