月刊Journalism(ジャーナリズム)2020年08月号

[ 特集 ]  8月ジャーナリズム

特集は「8月ジャーナリズム」です。街の話題は新型コロナウイルスをめぐるものばかりになりがちですが、せめてこの時期ぐらいは先の大戦や平和について一緒に考えたいという願いを込めて特集を組みました。
*写真* 原爆死没者慰霊碑に手を合わせる学生たち=2019年8月6日、広島市中区

[ 特集1] 8月ジャーナリズム

 

いまだ補償ゼロ 民間戦災被害者

見過ごしてきたメディア

 伊藤智章(朝日新聞編集委員兼論説委員)

「継承」が生み出す「断絶」

覆い隠された当事者の情念

 福間良明(立命館大学教授)

百田尚樹現象に敗れた

メディアへの対し方を探る

 石戸 諭(記者、ノンフィクションライター)

「異常な死」の記憶を刻む意味

『神聖喜劇』を通して見た戦争

 のぞゑのぶひさ(漫画家)

「個」の力で起てよ全国の報道記者!

新聞人・桐生悠々に嗤われないために

 黒崎正己(北陸朝日放送報道制作局長)

「6・23」で終わらぬ沖縄戦

絶えぬマラリア死、実態追う

 大矢英代(ジャーナリスト、ドキュメンタリー監督)

季語の平和報道に異議

「ナガサキノート」毎日掲載の思い

 佐々木 亮(朝日新聞記者)

[ 特集2] コロナと生きる 同調圧力

 

同調圧力を解体する

世間とタテ社会から見るコロナ禍

 磯野真穂(医療人類学者)

監視・告発で得られる安心感

欠かせぬ権力への批判的視点

 真鍋 厚(評論家、著述家)

「多数派の専制」生む自粛要請

公衆衛生政策の見直し必要

 児玉 聡(京都大学大学院准教授)

[ トピックス ]

《平和への憲法学》

総理が知らない芦部信喜

その軌跡と思想をたどる

 渡辺秀樹(信濃毎日新聞編集委員)

《代替わり1年 皇位継承を考える》

浮かんでは消えた女性・女系天皇

先送りやめ、国会の主導で議論を

 喜園尚史(朝日新聞社会部記者)

[ 連載 記者講座 ]

開票速報の舞台裏㊦速報の意義

政権の形、構造明らかに

民意のマイルストーン

 堀江 浩(朝日新聞編集委員)

[メディア・リポート ]

新聞

沖縄戦75年の悲痛な新証言

住民犠牲の実相照らし出す

 松元 剛(琉球新報社取締役編集局長)

放送

NHKは放送法を遵守せよ

都知事選報道、使命果たしたか

 堀 潤(NPO法人8bitNews 代表)

出版

新型コロナ禍で相次ぐ関連出版

不確実性の時代に必要なもの

 福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)

ネット

「ハッシュタグ・アクティビズム」は

社会を変えるツールになるか?

 三日月儀雄(日本テレビ報道局サイバー戦略部)

[ 海外メディア報告 ]

中東のコロナ禍の陰で進む

メディア規制と言論弾圧

 川上泰徳(中東ジャーナリスト)