月刊Journalism(ジャーナリズム)2022年01月号

[特集] メディアの未来

ネット時代でもジャーナリズムの価値は不変です。その担い手として新聞社は社会から求められ続けるのか、何を守り何を変えていけばいいのか――。学者や研究者、ジャーナリストらが、様々な視点からメディアの未来を探ります。

◇写真◇ 昭和から平成を経て令和でのメディア。左から、通勤途上で新聞を読む男性会社員、成人式で自撮りをする女性、ゴーグル型の端末を装着する男性

[ 特集 ] メディアの未来

 

〈インタビュー〉

デジタル時代のジャーナリズム

求められる報道の進化と高い質

 マーティン・バロン(前ワシントン・ポスト編集主幹)

〈インタビュー〉

タイムズはなぜ、よみがえったのか

独自性が競争力の原点

 ジョセフ・カーン(ニューヨーク・タイムズ編集局長)

ニュース汚染の元凶、

「こたつ記事」を撲滅せよ

 藤代裕之(法政大学教授)

アルゴリズム社会の〝統治者〟

プラットフォーム監視は責務

 山本龍彦(慶應義塾大学大学院教授、朝日新聞パブリックエディター)

「敗因」から探る新聞の未来

縮小か、大胆なDXで再生か

 外岡秀俊(ジャーナリスト、北海道大学公共政策大学院上席研究員)

「思想の自由市場」論の前提変容

マスメディアの役割再強化を

 曽我部真裕(京都大学法学部・同大大学院法学研究科教授)

新聞はプラットフォームとの協業を

DXを進め「変革の制約」を広げよ

 根来龍之(早稲田大学ビジネススクール教授、同大学IT戦略研究所所長)


地域がつながり、信頼を結び直す

ローカルメディア連携の新しい形

 福間慎一(西日本新聞記者)

[ トピックス ]

《あいさつ文読み飛ばし問題》

首相あいさつ文の「のり付着」

批判されるべきは誰なのか

 宮崎園子(フリーランス記者)

《ノーベル平和賞》

強権批判ロシア紙にノーベル賞

止まらぬ弾圧、去らぬ恐怖

 喜田 尚(朝日新聞モスクワ支局長)

[ 連載 ]

《ネット考現学》
皇室にとっての「新たな脅威」
激化するネットの誹謗中傷
 猪谷千香(ウェブメディア記者)

 

《大学生のためのマダニャイ記者入門》
 記者の持ち物

[ 海外メディア報告 ]

ドイツを変えたメルケル氏

評価分かれる16年の足跡

 熊谷 徹(在独ジャーナリスト)