月刊Journalism(ジャーナリズム)2021年06月号

[ 特集 ]  ジャーナリズム再考〈上〉

ネット時代を迎え、ますますメディアに向けられる視線が厳しくなる中、ジャーナリズムの寄って立つ基盤を改めて考えてみることにしました。今月号と来月号の2回にわたって特集します。
◇写真◇ 明治時代の大阪朝日新聞編集局の様子=1907(明治40)年ごろ

[ 特集 ] ジャーナリズム再考〈上〉

 

新しいメディア学のための

ジャーナリズム原論はあるか

 佐藤卓己(京都大学大学院教授)

在野の紙誌の不屈と抵抗力

民衆目線が現代に問うもの

 門奈直樹(立教大学名誉教授)

歴史から見た広義の「ジャーナリズム」

アマチュアの復権と職業の危機

 河崎吉紀(同志社大学教授)

失敗し続ける記者クラブ改革

時空を超えてその理由を検証する

 森 暢平(成城大学教授)

戦時報道とジャーナリズムの論理

「国民の義務」論、どう超えるか

 上丸洋一(ジャーナリスト)

メディアの見えない地域性

デジタル時代の米中の事例から

 渡辺将人(北海道大学大学院准教授)

歴史の秒針を刻む行為

問い続ける「速さ」の意味

 赤木孝次(日本新聞協会出版広報担当主管)

@

価値の源泉を理解しなければ

マスメディアは生き残れない

 岩間優希(中部大学准教授)

[ トピックス]

【シェアリングエコノミーの落とし穴】

キッズライン報道から考える

企業の責任とジャーナリズムの役割

 中野円佳(ジャーナリスト)

【知財高裁判決】

音楽教室からの著作権料徴収

「正義」に猛進するJASRAC

 赤田康和(朝日新聞記者)

《データジャーナリズム③一歩目を踏み出す》

使えるツールは身近にある

分からなければ仲間を探そう

 井上直樹(NHKデジタルチーム「Colab」)

[ 連載 ]

《特ダネの記憶》

ロッキード事件・コーチャン単独会見

工夫と粘りで築いた信頼関係

「8日間・60時間」インタビュー、

3日続けて1面で詳報

 村上吉男(朝日新聞元アメリカ総局長)

[メディア・リポート ]

新聞

コロナ禍に重なる大震災の光景

「被災」の現実、広がる既視感

 寺島英弥(ローカルジャーナリスト)

出版

国会図書館の電子書籍サービス

出版界がサーバー運用で一歩前進

 植村八潮(専修大学文学部教授)

放送

核実験による被ばくとハンセン病

二人のテレビマン、渾身の記録

 市村 元(「地方の時代」映像祭プロデューサー)

ネット

リアルタイム監視はどうなる?

波紋を呼ぶEUのAI規制案

 小林啓倫(経営コンサルタント)

[ 海外メディア報告 ]

感染者が急増するカンボジア

「報道不在」の都市封鎖で混乱

 木村 文(ジャーナリスト)